冷え対策

冷え対策

「冷えがある女性は日常生活の工夫で体を冷やし過ぎないようにしましょう。体の冷えは筋肉の緊張を招き、寝ている際に足がつりやすくなります。」

 

@ 首を温める
足首、手首、首など「首」が付く場所を温めると効果的です。たくさん着込みすぎても逆に締め付けにより血流が悪くなります。レッグウォーマーやアームウォーマーなどを活用したり、腹巻で内臓を直接温めると冷えにくくなります。首が付く箇所は太い血管を直接温められるため、全身の保温に繋がります。

 

A 入浴を利用する
足がつりやすい方は、寝る前に体を温めるよう入浴しましょう。入浴後は体が冷えないうちに身支度をすませ、早めに就寝することをおすすめします。

 

B 冷たい飲み物を飲みすぎない
体が冷えやすい方は冷たい飲み物を飲み過ぎないようにしましょう。ホットドリンクを利用したり、白湯を作りおきする方法もおすすめです。

 

体の冷えは血行を悪くし、筋肉の緊張を招きます。なかなか冷えが改善されないと感じるなら、寝る際に湯たんぽで下半身を保温するとこむら返りの予防に繋がります。電気毛布と違い体を温めすぎることはなく、暑くなれば自分で蹴って調節するため、寝ている際に暑くて汗をかきすぎる心配もありません。