ストレッチ

ストレッチ

「疲労が溜まっていると筋肉が緊張したままとなり、寝ている際に足がつることがあります。ストレッチを習慣にして疲労物質を追い出しましょう。」

 

@ 運動後のストレッチ
運動をする習慣がある方は、かならず運動が終了したらストレッチを取り入れてください。運動をすると筋肉が使われるため乳酸が蓄積し、その物質が溜まると筋肉が緊張しやすくなります。運動後は柔軟体操を取り入れてたり、軽く歩いて血流をよくする方法も予防に繋がります。

 

A 立ち仕事の方もストレッチ
1日中立ち仕事をしていれば、嫌でも下半身に疲労が蓄積します。このような方は寝る前のストレッチを習慣にしましょう。半身浴をしてからストレッチをしたほうが乳酸が解消されやすくなります。

 

B デスクワークの方
デスクワークの方も意外と疲労が蓄積しているものです。1日中座りどうしで背中や肩・首など上半身の血行も悪くなっています。全身のストレッチを取り入れると、足のつりだけでなく肩こりや首のコこりなども解消しやすくなります。

 

体を動かさない人、動かしすぎる方も疲労物質が体に蓄積し、それがもとで筋肉が過剰に緊張しやすくなります。ストレッチはスポーツをやる人もやらない人へも最適な方法です。